俺は疲れた

いや~疲れた疲れた。でも、それも一応過去の話だ。今の俺は一時的とはいえ自由である。でもな。でもだよ。この期間が終われば俺は疲れる世界に再び飛びこむことになる。それは生きるのに必要な事だけれども、本音を言えば暴力を行使してでも避けたい話だ。俺はもう疲れたんだよ。萎萎で枯れちゃいそうなの。

 

そこで少し悪あがきをしてみることにした。

 

世界に無数いるであろう、自宅で働くことを夢見る者達と同じ夢に挑もうと思う。アフィリエイトに期間限定で挑戦して、自宅で働く事を目指してみようと思う。そもそも、俺はアレルギー持ちだから、外で働くと肉体の管理が面倒なんだ。自宅で稼げるなら、それに越したことはない。

 

とはいえ、俺は資金を用意する気がない。稼げる保証もない状態でサーバーを借りる気はないし、何かを購入する気もない。これじゃ初見のゲームで縛りプレイをするようなもんだ。それでも資金を用意する気はない。金を用意すれば成功の確率を上げられると思う。でも、それは同時に俺が疲れる世界に戻る時期を早める行為でもあるからな。これを天秤にかけるなら、俺は用意しないほうを選ぶ。

 

アフィリエイトについては、遊びで軽くやった経験ならある。しかし所詮は遊び。だから改めて調べた。とても厳しい世界に見える。今回の俺のように、資金を用意する気がなく、最初から選択肢を縛っている状態で、疲れない程度の時間しか投入する気がない上に、活かせる知識を持っていない、そんな人間が上手くやれる世界ではなさそうに見える。

 

でもまあ、何事も挑戦してみないとな。

 

それに、この状況はある種のゲームを開始した直後のようで燃えないこともない。これは遊びではないんだけども。それでもこれをゲームとして捉え、何かを積み上げていく形の作品だと考えるなら、最初に持っているのは間違いなく簡単な道具だ。幸い、道具と言える代物はある。今まさに記事を書いているパソコンとキーボードが目の前にある。物事は最低限のものがあったら始められる。釣りだって釣り竿と釣り糸と呼べる代物があったら餌を捕まえて始められる。だから、始めはこんなもんでいいだろう。

 

もしかしたら相性が良くて、たくさんの時間を投入するようになって、結果を出せるかもしれない。金と時間が物を言う世界の一つ、ソーシャルゲームの世界を無課金で歩くようなものだと考えれば、相性が良く時間を投入する気になりさえすれば強くなれる。やらない人には分かりにくい話だと思うけど、あの世界は下手に金を突っ込んだプレイヤーより時間を正しく投入したプレイヤーが強かったりするんだ。仮にアフィリエイトの世界がそういう世界だったとしたら、最低限の結果くらいは出せるだろう。このへんはこれから実際にやっていけば分かるかな。

 

このブログは、そんなゲーム脳な疲れた人間がアフィリエイトに挑んだ結果を記していく日記帳になる予定。

広告を非表示にする